インプラント歯科の費用

インプラント歯科治療の成功を決めるのは医師の腕ですが、そうはいっても、治療費が高額すぎたら肝心の治療ができません。
そこで、インプラント治療にかかる費用を確認してみましょう。
では、まず費用にかかる基本的な知識ですが、インプラント治療は自由診療にあたるので健康保険を適用させることができません。
そのため、各自クリニックごとに自由に治療費が設定されており、この費用は全て実費で負担します。
それを踏まえて費用を確認してみます。
インプラントの埋め込み1本の値段は安くて10万円前後から、高くて60万円程度です。
ここから相場を算出してみると約35万円程度がインプラント1本の平均治療費となっています。
歯科クリニックによってインプラント1本に10万円~60万円の差があるのは、地域の特性、テナント料、広告代、インプラントの材質など様々な要件が重なって治療費に反映されているためです。
そのため、テナント料が安い地方のクリニック、広告費をかけていない知名度が低いクリニックの方が治療費が安いという見方ができます。
収入の問題もあるので、インプラント治療にどの程度の費用をかけられるかは人によって異なりますが、仮に治療の相場である35万円で治療した場合、この金額は高いのかということを考えてみましょう。
35万円は表面的な数字だけを見ると、確かに高額です。
ただ、長期的な目で見たときには、その金額は必ずしも高いとは言い切れません。
というのも、インプラントは治療に成功した後に自己管理とメンテナンスをきちんと行っていくことで、半永久的もしくは永久的に使用できる歯の治療になります。
それほど高い治療効果を持つので、一生モノとして考えた時には、一時的にかけた35万円は決して高いものじゃないと言えるんじゃないでしょうか。
とはいえ、実際にどう感じるかは個人の価値観によりますので、それでも高い!と思う方には、インプラントの治療費を安くする方法を紹介しましょう。