オフィスから近いから銀座でインプラント

インプラントは年々その施術の率が高まってきていますが、
まだ2006年の時点で、都内でインプラントを年間20本以上埋め込んでいる歯科は、
都内でたったの6%しかなかったそうです。
現在はその統計から7年たっていますが、余り急上昇もしていない、といった所です。
しかしながら、インプラントの技術はどんどんと前進し、
素材も良くなり、インプラントのポスト(支柱)の値段なども以前に比べたら、
かなり安くなり、患者さんにとって、
インプラントはそう手の届かないものではなくなりました。
この都内でわずか6%しか施術をしていないインプラントですが、
その中でもお勧めなのが、東京駅周辺にお勤めされている方ならば、
銀座でのインプラント、です。
何故銀座がいいか、と申しますと、
銀座ですとオフィスから近い、という事があげられます。
昼休みや、残業後にちょっと立ち寄る事ができますし、
突然歯が痛み出したときなども、自宅の近所の歯科よりも、
オフィスの近くの歯科のほうが、日中にいつでもいけるので、
心強いからです。
又銀座は、東京の中でも華やかな町として有名な場所ですので、
銀座で施術した、というだけで、
もう何だか超一流の歯科でインプラントをした、というイメージがあり、
おのずと自分でも、「銀座でインプラントしたのだから 間違えない!」と
ポジティブに考えられるから、です。
ただ、どこかの歯科でインプラントした、というよりも、
「銀座の歯科でインプラントした」というのも、一種のブランドとして大切な事です。