六本木の歯科医院で治療をした体験談

私は長年前歯で悩んでいました。
見てくれを考えて差し歯にしていましたが、これまで何回も差し替えたりしてました。
また、そのようなことが頻繁につづくと、その歯に神経が集中してしまって食べ物を選んで柔らかいものばかり食べるといったこともありました。
そして、思い切って六本木の歯科医院でインプラント治療を受けました。
その歯科医院はネットで探しましたが、設備も新しく手術例もたくさんあって安心してインプラント治療ができる、といった気持ちになったのです。
診察を受けた後にインプラント治療についての説明がありました。
インプラント手術は一次と二次に分かれていて、一次手術はあごの骨を削ってインプラントを骨に埋め込む手術です。
そして、そのインプラントが骨に定着する期間が3ヶ月から6ヶ月といった長期になると言われました。
骨に定着が確認されたら、二次手術です。
インプラントと人工歯をジョイントする器具をインプラントに装着する手術です。
その後に人工歯を作って装着して一連のインプラント治療は終了になります。
インプラント治療の問題点のひとつに治療期間の長さがあります。
それはインプラントが骨に定着する期間が長いからです。
また、その定着期間は個人差があります。
骨が弱ければその期間は長くかかるし、逆に骨が強ければ短期間で済みます。
インプラントはその歯を本当の歯として使うために、治療後のメンテナンスを必要とします、
健康な歯との噛み合わせや、歯周病などの予防が必要になります。
インプラント治療を終えた今すがすがしい気持ちでいっぱいです。