費用を安くする方法

インプラント治療の難しいところは、「良い医師を選ばなくては、高額な費用をかけても治療が成功しない」ということ、そして「良い医師を選んでも、治療費が高額であると治療自体ができない」という本末転倒な問題です。
これらの問題を解決するために、インプラントにかかる費用を安くする方法を紹介します。
まず、インプラントは健康保険が使えないと言いましたが、一定の条件を満たす場合にのみ保険を使うことができます。
その条件は「クリニックへの条件」と「患者への条件」があります。
ただし、この条件はかなり厳しい項目を設けているので、あまり充てにはしないでおきましょう。
となると、やはり治療費は全て自己負担となるのですが、インプラント治療は「医療費控除」の制度を受けることができるようになっています。
医療費控除とは、家庭における1年間の医療費総額が10万円を越えた場合に、確定申告で申請することで所得に応じた税金の一部が控除される制度です。
家庭とは、家計を共にする家族ですので、離れて暮らしていても同じ生活費で暮らしている家族なら医療費を合わせることができます。
例えば、学生生活のために離れて暮らしている子供や、単身赴任で離れて暮らしている父親の医療費を合わせることが可能です。
ただし、医療費控除を受けられる分の税金をきちんと支払っていることが前提ですので注意してください。
幾らの金額が控除されるのかですが、条件に応じて異なるため一概にいくらという数字は出せませんが計算式はあります。
・『1年間の医療費合計』-『保険等で補填される金額』-『所得金額の5%もしくは10万円の少ない方の金額』=『医療費控除額(控除額の上限は200万円まで)』・『医療費控除額』×『所得税率』=『還付金』この還付金が医療費控除で控除される実際の金額になります。
医療費控除は健康保険よりは費用を安くすることはできませんが、それでも高い治療費を抑えることができるので利用しない手は無いでしょう。